ブログ - info-aichiさんのエントリ

寄付金活用のご報告

カテゴリ : 
資金のこと
執筆 : 
info-aichi 2015-3-31 14:06

あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会で呼びかけ、お寄せいただいた寄付金を、東日本大震災で被災され、愛知県に避難されている方々の パーソナルサポート等のために利用致しました。あいち被災者支援協議会様より、添付の通り、ご報告を頂きましたので、皆様にお知らせします。

【ご報告】 allaichi.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/uid000120_3230313530333137E5AF84E4BB98E98791E5A0B1E5918A2E706466

寄付金活用のご報告

カテゴリ : 
資金のこと
執筆 : 
info-aichi 2014-11-18 14:29

あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会で呼びかけ、お寄せいただいた寄付金を、東日本大震災で被災され、愛知県に避難されている方々のパーソナルサポート等のために利用致しました。あいち被災者支援協議会様より、添付の通り、ご報告を頂きましたので、皆様にお知らせします。

【ご報告】 allaichi.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php

寄付金活用のご報告

カテゴリ : 
資金のこと
執筆 : 
info-aichi 2014-9-16 12:36

 あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会で呼びかけ、お寄せいただいた寄付金を、東日本大震災で被災され、愛知県に避難されている方々のパーソナルサポート等のために利用致しました。あいち被災者支援協議会様より、添付の通り、ご報告を頂きましたので、皆様にお知らせします。


【ご報告】 allaichi.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php


今後とも、変わらぬご理解とご協力を、お願い申し上げます。

寄付金活用のご報告

カテゴリ : 
資金のこと
執筆 : 
info-aichi 2014-7-4 15:04

 あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会で呼びかけ、お寄せいただいた寄付金を、東日本大震災で被災され、愛知県に避難されている方々の生活復旧・復興やパーソナルサポートのために利用致しました。あいち被災者支援協議会様より、添付の通り、ご報告を頂きましたので、皆様にお知らせします。


 【ご報告】allaichi.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php


今後とも、変わらぬご理解とご協力を、お願い申し上げます。


 

 被災地の状況を鑑み、愛知のNPO等・被災地NPO等と連携し、個人でボランティアに行ける状況となりました。連絡会でのボランティア募集を終了いたします。

被災地は、まだ復興の半ばです。今後とも、ご支援のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

被災地の状況を鑑み、物資による支援の段階は終了したため、物資支援登録を終了することとなりました。

被災地は、まだ復興の半ばです。

今後とも、ご支援のほどよろしくお願い致します。

 

 あいち被災者支援協議会様より 

寄付金支出報告をいただきましたので、お知らせいたします。

 

あいち被災者支援協議会 寄付金支出報告

 

東日本大震災から3年、私達がこれからすべきことはなにか。
 
愛知ネット主催によるフォーラムを開催致します。
 
被災地の方々やこれまで復興支援に携わってきた団体をお招きして、被災地の現状報告、活動報告、パネルディスカッションなどを通じて復興支援のあり方について見つめなおします。震災から3年たった今、私達がこれからするべきこと、出来ることを一緒に考えてみませんか?
 
支援活動をしたことのある団体様!是非、このフォーラムを通じ、これまでしてきた活動を多くの方に知っていただくとともに、情報交換、交流をすることで、さらなる支援活動につなげてみませんか?
 
東北にお心を寄せる皆さんのご参加をお待ちしています。
どうぞお誘い合わせの上、振るってご参加下さいますよう、お願いいたします。
 
  
【日時】
2014年2月8日(土)13:30〜16:30
 
【場所】
愛知県青年の家
住所 〒444-0802 愛知県岡崎市美合町並松1-2 
TEL.0564-51-2123 FAX.0564-51-2027
場所の詳細はこちらをご覧ください

 
【内容】
1部 基調報告 震災から今までの経緯や、東北地方の現状の報告などを行います。
2部 活動報告 行政からNPO・ボランティアが団体など今までの活動の発表(各団体10分程度)を、5つの部屋に分かれ分科会方式で行います。
3部 パネルディスカッション
被災地の方々をお招きし「3.11以降の連携」についてのそれぞれの立場での話 を、パネルディスカッション形式で聞きます。
4部 交流会(17:00〜)


いつも大変お世話になっております。

JANIC震災タスクフォースの芳賀と申します。


将来の世代が災害時により良く対処できるよう、JANICでは今年度、
東日本大震災における支援活動の教訓を取りまとめています。


つきましては、ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、アンケート調査にご回答いただきたく、
何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



なお、本アンケート調査は「市民社会による支援活動合同レビュー事業」の一環として行っており、
全体の報告書は2013年度末をめどに取りまとめ、以下の通り幅広く展開される予定です。

l  2014年3月25日に開催予定のシンポジウムにて報告(詳細は各種MLおよび www.janic.orgにて後日ご案内します)。

l  国内外の関係者への共有・配布(現段階での中間報告書は
http://www.janic.org/earthquake/news/post_40.phpにて公開中)

l  2015年に策定されるポスト兵庫行動枠組(HFA2)への提言にも活用

l  市民社会組織の災害対応能力の向上プログラムに反映



次の国内災害はもとより、国際社会における防災・減災への取組みを充実させるプロセスに、
本調査を通じてご関与いただけましたら幸甚です。









『東日本大震災 市民社会による支援活動 合同レビュー事業 アンケート調査』実施概要:



【調査目的】

外部支援団体(被災地域外から支援に入った市民団体)による支援活動の実態と課題の把握・分析



【調査対象】 被災地外部からの支援団体、地元の支援団体、および地元住民で、以下に該当する方

 【外部支援団体】東日本大震災後の被災地・被災者支援に携わった外部支援団体の方(被災地域外に本部のあるNGO・NPO・任意団体等)

 【地元団体】岩手・宮城・福島で活動していた(もしくは被災をきっかけに設立した)地元のNPO・任意団体(自治会等含む)で、東日本大震災後の支援活動に携わる団体の方

 【地元住民】被災地域にお住まいで、東日本大震災後に外部支援団体から何らかの支援を受けた経験をお持ちの方

※ご自身のほか、職場・ご家族・ご近所・その他お知り合いなどにも拡散いただけますと幸甚です。



【回答方法】 以下のウェブサイトからご回答ください。

 外部支援団体 https://jp.surveymonkey.com/s/JOINTREVIEW_GAIBU

 地元NPO団体・任意団体 https://jp.surveymonkey.com/s/JOINTREVIEW_JIMOTO

 地元住民の方 https://jp.surveymonkey.com/s/JOINTREVIEW_JUMIN



【所要時間】

 外部支援団体: 約15分
 地元NPO・任意団体:約6分
 地元住民: 約4分



【期限】      2014年2月7日(金)

【返信/問合せ先】  (特活)国際協力NGOセンター 震災タスクフォース(JANIC) (担当:田島・服部・芳賀)

郵便: 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F

Eメール: gndr@janic.org

                Fax: 03-5292-2912





【特記事項】

1. 各団体につき複数名ご回答いただいても構いません。

2. ご回答者様が支援を行った際の実状に即し、できるだけ率直にご回答ください。

3. ご記入いただきました回答内容は、本調査に関連する事業目的のみに使用し、回答者様の個人名および団体名は公表しません。

4. このアンケートは、東京・岩手・宮城・福島におけるワークショップ参加者からの意見を参考に作成しています。

5. 分からない質問は、ご回答いただかなくても構いません。



以上、ご多忙のところ誠に恐縮ですが、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。



━━━━━‥‥‥NGOを支援するNGO‥‥‥━━━━━



特定非営利活動法人(認定NPO法人)
国際協力NGOセンター(JANIC)

震災タスクフォース コーディネーター

芳賀 朝子 <haga@janic.org



〒169-0051

東京都新宿区西早稲田2-3-18アバコビル5F

Tel: 03-5292-2911  Fax: 03-5292-2912



★『いいね!』JANIC東日本大震災NGO活動情報サイト

http://www.janic.org/earthquake/ (日本語)

http://www.janic.org/en/earthquake/ (英語)

☆ふくしまの今を英語で発信!【Fukushima on the Globe】

http://fukushimaontheglobe.com/

★ご活用ください!JANICの講師派遣♪

http://www.janic.org/more/ngostudy/instructor/

☆皆さまからのご寄附は税控除の対象となります

____________________________

★【フィリピン台風 緊急支援まとめて募金】

フィリピンで救援活動を行っているNGOをご支援ください。

http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete17.php

____________________________


お世話になります。
NPO法人笑顔プロジェクトの渡辺と申します。

この度、2月15,16日(土,日)に
被災地の交流人口拡大、
風化防止を目的としたツアー第2弾を行うことになりました。

被災地のことをもっともっと知って頂くため、

地元の方との交流を生むため、
今回もJTBの協力と観光庁の補助を受けてのご案内となります。

少しでも多くの方にご参加いただきたく、料金負担をなるべく抑えました。
補助事業は2月で終了なので、この金額で行けるのは今回が最後となります。

【Facebookページ】https://www.facebook.com/events/713525625338511/?ref_dashboard_filter=upcoming
【本申し込みページ】http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=4f95eaed1b69472ca648fdbe

お知り合いの方、興味のある方などがおりましたら
お誘い合わせの上、是非ご参加いただけますと幸いです!
どうぞ宜しくお願い致します。

下記詳細です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【旅行期間】
2014年2月14日(金)深夜発〜2月16日(日)
(夜行バス車中1泊、現地ホテル1泊)

【ツアーのポイント】
・大人気の絶景温泉宿に宿泊
・女川町と南三陸2ヶ所で語り部のお話が聞けます。女川では、復興語
り部からの講話やMASKARの見学、また南三陸の夜の宴会では語り部の方も交じり楽しく交流を計ります。
・プロのフォトグラファーが付き添い、旅の記念撮影をプレゼント
・グルメな旅をお約束(ホテルではお1人1つ活きたアワビが着きます。最終日の昼は塩釜漁港で思う存分食べて飲みましょう!)

【旅行実施会社】
株式会社JTBコーポレートセールス

【宿泊施設】
南三陸ホテル観洋
太平洋に突き出た絶景露天風呂と海の幸が自慢の超人気ホテルです
http://www.mkanyo.jp/
宮城県大本吉郡南三陸町志津川字黒崎99−17
電話:0226-46-2442 お部屋は和室(男女別相部屋、5名定員利用)

【食事条件】
朝食1回・昼食1回・夕食1回

【交通手段】
貸切バス(添乗員同行致します)

【旅行代金(大人お一人様)】
23,000円(税込) ←(※通常だと40,000円以上掛かります。)
《旅行代金に含まれるもの》
貸切バス代(バスガイドは同行しません。)、宿泊代1泊2食付(夕食時飲み放題付き、男女別相部屋、5名定員利用)、昼食代1回、記念写真、添乗員同行費用、乗務員費用
《旅行代金に含まれないもの》
日程表記載以外の食事、任意の旅行傷害保険
※東京出発、仙台合流ともに旅行代金は同額となります。
※南三陸ホテル観洋合流の詳細に関しては「笑顔プロジェクト」まで別途ご確認下さい。




===============================
NPO法人笑顔プロジェクト
渡辺賢史
3Awatanabe@egaoproject.or.jp">mail:watanabe@egaoproject.or.jp
tel:090-6889-7605
Facebook:https://www.facebook.com/kappakenken
===============================

 

アーカイブ