• カテゴリ 現地のこと の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 現地のことカテゴリのエントリ

皆様

NPO愛知ネット チーム311都筑です。


下記募集を行います。
大府市在勤・在住でない方も、応募可能です。


被災地支援ボランティア(大府発)募集

東日本大震災の被災地支援として、岩手県へボランティアバスを運行します。

■日 程   平成23年6月29日(水)〜7月2日(土)  3泊4日
■行き先   岩手県気仙郡住田町
■交通手段 大型バス運行 ※片道およそ12時間かかる見込み
■作業内容 がれき撤去、被災者宅の泥出し・家具出し、救援物資等の運搬・整理等
※長靴、着替え、合羽、ゴーグル、マスク等は、全て各自で用意
■宿  泊  住田町大股地区公民館(旧大股小学校)
※布団等は用意しますが、防寒具等は各自で用意
■費  用  参加費 1万円 (研修会で徴収します)
保険料(ボランティア活動保険)  500円程度
食費  実費
■参加人数 20名程度 (最小催行人数15名)
■募集条件 1)18歳以上の健康上問題のない人 (性別は不問)
2)参加希望者事前研修会及び派遣日程において、両方参加できること
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
■募集期間 6月22日(水)午後7時までに、下記問い合わせ・申込み先へ、
�住所、�氏名、�年齢、�連絡先(自宅)、�連絡先(携帯電話)を明記の上、

                    電話又はFAXにてお申し込みください。

《参加希望者事前研修会》
6月24日(金)午後7時より、大府市役所2階203会議室にて、事前研修会を行います。
現在の現地の状況や、活動における心構え、注意事項、所持品等について説明いたしますので、
参加申し込みの意思のある方は、必ずこの研修会にご参加ください。


■       問い合わせ・申込み先■
大府市市民活動センター コラビア      電話0562−44−8500
FAX0562−44−8511

愛知ネットが支援をさせていただいている、
気仙地区のNPO/市民団体の集まりである、
気仙市民復興連絡会が、
公式ツイッターを発行しています。

@KesenShiminFR

現地の情報を、リアルタイムで伝えていきます。

ツイッターを行われている皆様、
フォロー、拡散等での、情報発信へのご協力をよろしくお願いします。
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は、下記までお問い合わせください。

特定非営利活動法人NPO愛知ネット

〒446-0007

愛知県安城市東栄町1-7-22内藤ビル2F

TEL:0566-98-5352

FAX:0566-98-5565

E-mail:aichi-info*npo-aichi.or.jp

*を@に変更ください。

 

RSY浦野です。

5月8日に仮設住宅への第1次募集分の入居が始まり、もうすぐ1週間が経ちます。

「避難所にいる時より生活は少し落ち着いたけど、狭い場所だから荷物の置き場
に困ってるよ。なかなか片付かないね」

「避難所でお隣さん同士になってせっかく仲が良くなったのに、仮設住宅は別々
だから寂しくなる。避難所の方が、顔も見えるし色んな人との関わりがあるから
よかったかも」

「自分の家がどこだか道に迷ってしまう」

長い避難所生活を終えてホッと一息ついている反面、生活の中ではいくつかの課
題も出てきているようです。

そこで、5月14日〜15日にかけて、地元中高生を中心に仮設に入居された方々へ
の贈り物として「まごころ表札づくり」を行っています。沢山の方々のご協力に
よって繋がった思いやりの輪が、世界で一つだけの素敵な表札を生みだしまし
た。詳しくは下記ブログをご覧ください。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/05/18.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は掲載団体にお問い合わせください。

RSY浦野です。

5月6日(金)、第1次募集で仮設住宅への入居が決まった115世帯の方々へ、
町・災害ボランティアセンター・ボランティアきずな館合同の入居者説明会が開
催されました。当日は、RSYと繋がりのある2004年新潟県中越地震の被災地で
ある田麦山地区、2007年能登半島地震の被災地である穴水町の方々にお越し頂い
て、「仮設住宅での暮らしのコツと心の持ち方」についてお話頂きました。

2年間の仮設住宅生活をどう過ごせばよいのか・・?過去の被災地を経験した先
輩たちからのアドバイスは下記のブログに掲載しています。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/05/17-1.html

※前回の予告で、今号は「クリーンウォーク大作戦」の模様を報告するとしてい
ましたが、内容を変更させて頂きました。クリーンウォークについては、次号で
ご報告します。


レスキューストックヤードを支えてください。
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 〒461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
 Mail info@rsy-nagoya.com
 Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************

皆さま

4月28日より、東北地方のラジオ放送が
愛知県でも視聴可能になっています。
報道記事:http://japan.internet.com/webtech/20110428/5.html

現地の情報を得るために活用できるかと思われます。

聴くことができるのは、
●AMラジオ4局
 ・アイビーシー岩手放送 … 岩手県
 ・東北放送 … 宮城県
 ・ラジオ福島 … 福島県
 ・茨城放送 … 茨城県
●FMラジオ3局
 ・エフエム岩手 … 岩手県
 ・エフエム仙台(Date fm) … 宮城県
 ・エフエム福島 … 福島県
計7局です(ただし、アイビーシー岩手放送、東北放送、茨城放送の3局は5月中旬ス
タート予定)

【視聴手順】
http://fukkou.radiko.jp/「radiko.jp復興支援プロジェクト」
・Web上から、上記のHPを開いてください。
・各放送局の“listen now!”ボタンをクリックすると、別のウインドウが開いて放
送が始まります。
・ウインドウ右下のスライダーで音量が調節できます。
・ウインドウ左下の■をクリックするといったん放送が中断し、▲をクリックすると
再開します。

以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は直接掲載団体にお問い合わせください。

RSY浦野です。

ボランティアきずな館で、避難所への食事支援「たべさいんプロジェクト」が始
動しました。地元のボランティアさん達とのコラボ企画です。

詳細については、下記RSYホームページに報告がアップされているのでご覧下
さい。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/05/14-3.html

次回は、七ヶ浜町のシンボルである浜の復興プロジェクト『私たちのきれいな浜
を蘇らせよう!浜のクリーン大作戦』についてご報告します。


 ※ボランティア活動支援金にご協力ください!
・郵便振替00800-3-126026
加入者:特定非営利活動法人レスキューストックヤード
通信欄に「東北地方地震」とご記入ください。

・クレジットカード払い:
https://www.canpan.biz/products/list.php?category_id=84
※上記のページから「寄付」をお選びください。
※団体へのメッセージ欄に「東北地方」とご記入ください。


レスキューストックヤードを支えてください。
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 〒461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
 Mail info(あっと)rsy-nagoya.com *(あっと)を@に変更
 Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は、掲載団体にお問い合わせください。

RSY浦野です。

「ボランティアきずな館」で、お茶のみ喫茶がオープンしました。
初日、2日目と合わせて30名以上の方々が足を運んで下さいました。

詳細については、下記RSYホームページに報告がアップされているのでご覧下
さい。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/04/post-273.html

次回は、地元ボランティア団体とのコラボ企画「食べさいん(お食べなさい)プ
ロジェクト」についてご報告します。

※ボランティア活動支援金にご協力ください!
・郵便振替00800-3-126026
加入者:特定非営利活動法人レスキューストックヤード 
通信欄に「東北地方地震」とご記入ください。
・クレジットカード払い:
https://www.canpan.biz/products/list.php?category_id=84

※上記のページから「寄付」をお選びください。
※団体へのメッセージ欄に「東北地方」とご記入ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
詳細は掲載団体にお問い合わせください。

RSY浦野です。

4月23日に落成した「ボランティアきずな館」での初めての取り組み、
『未来中高生プロジェクト』が24日(日)に実施されました!

詳細については、下記RSYホームページに報告がアップされているのでご覧ください。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/04/post-272.html

次回は、きずな館の共有スペースを利用して行った「お茶のみ喫茶」についてご
報告します。地元の方々の出入りもすこしずつ増えて来て、きずな館内も活気づ
いてきました。早く気持ちよく沢山の方々が利用できるように、環境整備を進め
ていきたいと思います。

※ボランティア活動支援金にご協力ください!
・郵便振替00800-3-126026
加入者:特定非営利活動法人レスキューストックヤード 
通信欄に「東北地方地震」とご記入ください。
・クレジットカード払い:
https://www.canpan.biz/products/list.php?category_id=84

※上記のページから「寄付」をお選びください。
※団体へのメッセージ欄に「東北地方」とご記入ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
詳細は掲載団体にお問い合わせください。

RSY浦野です。

4月23日、RSYが活動の拠点を置いている宮城県七ヶ浜町に、今後の長期的な
復興支援を見据えたボランティア活動の拠点として、また、被災された方とボラ
ンティアを繋ぐ交流スペース等に活用することを目的として「ボランティアきず
な館」がオープンしました!

開所式の様子やボランティアきずな館の詳細については、下記RSYホームペー
ジをご覧下さい。

○RSY今を伝えるブログ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/04/post-271.html

今後はこの拠点をどんどん活用し、地元の方々と共に沢山のボランティアが長期
にわたり周辺地域の応援ができるような活動を展開していきたいと思います。


※ボランティア活動支援金にご協力ください!
・郵便振替00800-3-126026
加入者:特定非営利活動法人レスキューストックヤード
通信欄に「東北地方地震」とご記入ください。
・クレジットカード払い:
https://www.canpan.biz/products/list.php?category_id=84

※上記のページから「寄付」をお選びください。
※団体へのメッセージ欄に「東北地方」とご記入ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は掲載団体にお問い合わせください。

NPO愛知ネット 情報ボランティアの都筑です。

飯田ボランティア協会こざわ様より、下記の情報を得ました。
県外に一時移住された被災者の方は、現地の情報を知りたがっていると聞きます。
お知り合いの方に、南相馬からの移住者がいらっしゃったら、お伝えください。

転載許可を頂きましたので、共有いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飯田市に現在南相馬市の住民の皆さんが避難されています。
長岡生活情報ねっとさんが、長岡市に避難されている南相馬の被災の方に、南相馬市
の皆さんの横のつながりの情報を届けるため、南相馬ブログ新聞をつくって避難所に
配布しています。
わたしたち飯田ボランティア協会も、市民の目線の情報を避難所にお届けしたいと、
賛同して現在は、4箇所の避難所へ配布しております。
現地の支援と同時に、県外へばらばらになっておられる南相馬市の皆さんを支援するために、この新聞を配布しませんか?
また、私たちが、この新聞を読んで、現状を理解していくことが大事と思います。
是非、この活動を広めていただきますように。

南相馬ブログ新聞 URL : http://www45.atwiki.jp/soiga/pages/137.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は直接掲載団体にお問い合わせください。

アーカイブ