• カテゴリ 人のこと の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 人のことカテゴリのエントリ

あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会
です。期限が迫っていますが
レスキューストックヤード様より
求人を頂きましたのでお知らせいたします。
==========================

皆様

いつもお世話になっております。レスキューストックヤードです。

この度、名古屋事務所の新しいスタッフを募集することとなりました。
募集するのは、事務局長1名と事務局スタッフ1名です。

以前にも募集をいたしましたが、条件と期日を変更いたしましたので、再募集いたします。

私たちはこれまで、1995年の阪神・淡路大震災をはじめとし、全国30か所以上の
被災地で災害ボランティアコーディネーターの派遣・ボランティアバスの運行・
ボランティア活動資器材の提供等、様々な形での被災者支援活動に携わってきま
した。現在は、1995年に発足した任意グループ「震災から学ぶボランティアネッ
トの会」を経て、2002年に災害救援NPO「特定非営利活動法人レスキューストッ
クヤード」として活動を続けています。
多くの被災地で、被災された方々の悲しみや辛い経験に触れる中で、復興の形は
一人ひとり違い、非常に長い時間を要することを実感しました。しかしその過程
で被災された方々の生きる力を支えているのは、息長く被災者に寄り添ってきた
ボランティアの存在でした。どの被災地においても、ボランティアは被災された
方々にとって「希望の光」となっています。
また、災害から一人ひとりの命と暮らしを守るためには、過去の被災地からの教
訓に丁寧に耳を傾け、同じ失敗を繰り返さないよう、災害が起こる前から地域の
中に「防災力の下地」を作っておくことが不可欠であることを学ばせて頂きました。
東日本大震災に追随して、東海・東南海・南海地震や都市直下型地震の切迫性な
どがますます高まっています。災害で失われてよい命など一つとしてありませ
ん。私たちは法人設立時より、学区や町内会、自治体・社会福祉協議会・企業・
学校・福祉施設や事業所等において、各種講演会や防災力向上のためのプログラ
ムの企画運営等を受託してきました。また、災害ボランティアコーディネーター
の養成や地元名古屋市・愛知県・東海圏・全国それぞれにおける「学び合い助け
合える人づくり、ネットワークづくり」にも力を入れ、緊急時のみならず、平常
時から人々の顔がみえ、助け合える社会を目指して活動をしています。さらに、
災害に最も命の危険にさらされる「災害時要援護者(高齢者や障がい者、子ど
も)への支援」にも取り組んでいます。
2011年の東日本大震災では、宮城県七ヶ浜町に拠点を置き、地元住民のみなさん
や全国からかけてくれたボランティアの方々と、「震災前よりもいい町に!」を
合言葉に、復興に向けて継続的なお手伝いをさせていただいています。その他、
愛知県に避難されている方の支援(東日本大震災被災者支援ボランティアセン
ターなごや、愛知県被災者支援センター)や、足湯を中心としたボランティアバ
スの派遣(震災がつなぐ全国ネットワーク)、全国的な連携の場づくり(東日本
大震災支援全国ネットワーク(JCN))などにも積極的に携わっています。
私たちと共に、災害に強く、一人ひとりが安心して暮らせる地域づくりを目指し
て一緒に取り組んでいきませんか?

以下、求人にご興味ある方はぜひ、またお近くの方へのご紹介等よろしくお願い
いたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  〇務局長募集
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

○募集人員: 1名

○業務内容:
団体の総合的なマネジメントに関わる業務全般(労務・財務・情報管理などの日
常業務に加え、助成事業等の企画・運営、関係機関・マスコミなどの対外関係へ
の対応、地域での防災の取り組みにおける事業(ワークショップ等)の企画・運
営など)

○応募条件:
・当法人の理念に共感し、災害救援の分野に強い関心のある方
・大学卒業以上の学歴を有すること(関連分野での実務経験または大学院にて類
似分野を専攻された方は優遇)
・Word,Excel等を問題なく使用可能であること
・対人コミュニケーション能力の高い方
・性別・年齢不問

○勤務地・勤務時間:
(特活)レスキューストックヤード 名古屋事務局(地下鉄名城線・桜通線・久
屋大通駅1A出口から徒歩3分)
〒461−0001 名古屋市東区泉1−13−34 名建協2階
午前10:00〜午後6:00
休日は月6日間(休日にイベント等がある場合は平日の休暇となる)、年末年
始、その他当法人が指定する日

○待遇:
給与:当法人規定による(月給25万円以上補償)
勤務状態を鑑み年度末に期末手当の支給あり
各種社会保険制度完備・交通費支給

○雇用期間:
適宜〜
※3ヶ月の試用期間後に本契約

○応募方法:
以下の書類をEメール、又は郵送にて下の宛先へ送信ください。
・履歴書(連絡先、経歴、資格など)
・職務経歴書
・志望動機(A4・1枚程度)
※履歴書には写真添付のこと。資格等については結果、獲得点数までご記入くだ
さい。
※Eメールの場合、件名は「職員採用について」としていただきますようお願いい
たします。

■締切:2012年5月25日(金)
※当日消印有効

○選考方法:
第一次選考:書類審査
第二次選考:面接
※第一次選考の結果は5月末までに全員にお知らせします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ◆〇務局スタッフ募集
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

○募集人員: 1名

○業務内容:
電話・メール応対、接客、資料作成、その他一般的な事務作業に加え、「災害ボ
ランティア」「地域防災」「災害時要援護者」その他災害に関連する事業の推進
にかかる事業の補助

○応募条件:
・当法人の理念に共感し、災害救援の分野に強い関心のある方
・Word,Excel等を問題なく使用可能であること
・対人コミュニケーション能力の高い方
・社会人経験のある方が望ましい
・何事にもチャレンジ精神旺盛に取り組むことができる方
・性別・年齢不問

○勤務地・勤務時間:
(特活)レスキューストックヤード 名古屋事務局(地下鉄名城線・桜通線・久
屋大通駅1A出口から徒歩3分)
〒461−0001 名古屋市東区泉1−13−34 名建協2階
週32〜40時間(週4日〜5日)、または週16〜24時間(週2日〜3日)
午前10:00〜午後6:00 
休日にイベント等がある場合は平日の休暇となる場合があります。
年末年始、その他当法人が指定する日

○待遇:
嘱託職員
給与:当法人規定による(時給850円より・勤務日数等により応相談)
各種社会保険制度完備(勤務体系による)・交通費支給

○雇用期間:
適宜〜
※3ヶ月の試用期間あり

○応募方法:
以下の書類をEメール、又は郵送にて下の宛先へ送信ください。
・履歴書(連絡先、経歴、資格など)
・職務経歴書
・志望動機(A4・1枚程度)
※履歴書には写真添付のこと。資格等については結果、獲得点数までご記入くだ
さい。
※Eメールの場合、件名は「職員採用について」としていただきますようお願いい
たします。

■締切:2012年5月25日(金)
※当日消印有効

○選考方法:
第一次選考:書類審査
第二次選考:面接
※第一次選考の結果は5月末までに全員にお知らせします。

-- 
会員・ボランティア募集中!
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html

RSY事務局
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2階
TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
Mail info [at] rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/
facebook http://www.facebook.com/rsy.nagoya
****************************************** 

あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会です。
今回、被災地支援に関する職員募集がございましたので
お知らせいたします。
愛知県被災地支援センタ様ーより職員の募集のお知らせです。

◆愛知県被災者支援センター勤務職員 募集◆

*募集人員
1名

*業務内容
東日本大震災で愛知県に避難している支援にかかわる一般事務。

*雇用期間
2012年5月より2013年3月31日

*勤務体系
・午前9:00〜午後18:00
・週40時間(週5日)
・休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(業務の都合により勤の場合もあります)

*待遇
> ・正規職員(初期3ヶ月は試用期間)。
> ・当団体就業規則に基づく。
> ・月給160,000円以上、経験・年齢・能力により経験手当支給 
・残業手当支給
・交通費 等団体規程に基づく
・社会保険・健康保険・労災保険・雇用保険加入。 
 
*勤務地 
愛知県被災者支援センター
  名古屋市中区三の丸3丁目2番1号 
(地下鉄名城線「市役所」2番出口東へ徒歩3分) 
 
*応募条件 
・年齢、性別、学歴、職歴などは不問。 
・ボランティア・NPOなど市民活動経験が1年以上ある方。 
・パソコン(ワード、エクセル、Eメール)の操作ができる方。 
・社会人経験3年以上ある方が望ましい。 
・災害支援の経験のある方歓迎。 
 
*募集者 
特定非営利活動法人ボラみみより情報局 
名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル6階 
 
*応募方法 
以下の書類をEメール、又は郵送にて下の宛先へ送信ください。 
・履歴書(連絡先、経歴、資格など) 
・職務経歴書
 ・自己PRおよび応募の動機(1000文字程度) 
宛先: 
motoki.oda [at] boramimi.com
      特定非営利活動法人ボラみみより情報局 
名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル6階 

 *応募締め切り 
応募期限:5月25日(金)午後6時まで(ただし、採用が決まり次第締め切り 
ます)
 選考:書類選考のうえ、面接を行います。 
面接予定日:随時実施(個別に通知します) 
面接場所:愛知県被災者支援センター 
 
<職員雇用に関する問い合わせ> 
特定非営利活動法人ボラみみより情報局
 採用担当:織田 
E-mail:
motoki [at] boramimi.com
 TEL:052-228-7824 FAX:052-228-7834

 

みなさま

いつもお世話になっております。RSY事務局です。

この度、8月に行う東日本大震災復興応援企画「育もう!子どもたちの元気な笑顔を!」(仮)の
ボランティア募集を行います。これまで様々なかたちで被災地支援に関わっていらっしゃる方はも
ちろん、何かしたいけどなかなかこれまで関われなかった方でも、以下の詳細をお読みいただき、
目的や内容に賛同していただけるみなさんと、これから一緒に企画を作っていきたいと思っていま
す。

8月までに月に1〜2回の実行委員会を開催していく予定で、今回は第1回目の実行委員会のご
案内をいたします。まずはぜひ実行委員会にご参加ください。

■第1回目の実行委員会
日時:5月17日(木)19:00〜
場所:RSY事務所(名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F)
★実行委員会に参加希望の方は、事務局までご連絡ください。
メール:info@rsy-nagoya.com
----------------------
・名前(ふりがな):
・携帯電話:
・メールアドレス:
----------------------

■東日本大震災復興応援企画詳細
「育もう!子どもたちの元気な笑顔を!」〜ミュージカル・朗読・歌を通じて(仮)

【目的】東日本大震災によって被災した子どもたちが逆境に負けず、失ったいのちの分までも生き
生きと生きてもらいたいと願う有縁の支援者が集い、互いが元気な笑顔を育みあうことを目的とす
る。

【経緯】東日本大震災発生当初から、RSYはご縁のあった宮城県七ヶ浜町に拠点を設け今日まで
支援活動を展開してきた。震災から8ヶ月の11月、同町内の国際村ホールで、七ヶ浜町の子どもた
ちによる劇団「NaNa5931」が今回の震災を題材にしたミュージカルが上演された。鑑賞された町内
外の被災者らは涙に包まれ、大きな感動と明日への希望をもたらした。子どもたちが、今度はぜひ
お世話になった名古屋・全国の方々に披露し「ありがとう」を伝えたいと、初の県外公演に夢を膨ら
ませている。一方で、愛知県に避難されてこられている県外避難者の方への支援拠点「愛知県被
災者支援センター」や「東日本大震災被災者支援センターなごや」を通じて、避難者有志にも現在
の心境等を綴った思いを朗読していただき、その実態を広く県民に知らしめたい。

【日時】2012年8月11日(土)14:00開場・15:00開演〜17:30
【場所】名古屋大学豊田講堂
【内容】ミュージカル、歌、朗読、展示、募金など
【主催】東日本大震災復興応援企画実行委員会(主管:NPO法人レスキューストックヤード)
【共催】名古屋大学減災連携研究センター
※NaNa5931のみなさんの行程は、8月9日の夜に名古屋に到着、12日の朝に名古屋発となり、途
中、名古屋観光をしていただいたり、名古屋のみなさんと交流の時間を設けたりしたいと思っていま
す。そのスケジュールや内容についても、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。

以上、よろしくお願いいたします。

-- 会員・ボランティア募集中! http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html RSY事務局/加藤 ****************************************** 特定非営利活動法人レスキューストックヤード 461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2階 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552 Mail info@rsy-nagoya.com Web http://rsy-nagoya.com/ facebook http://www.facebook.com/rsy.nagoya ******************************************
皆さま

 いつもお世話になっております。RSY事務局です。
 このたびの東日本大震災におきまして、当法人が名古屋からの支援を続けている宮城県
七ヶ浜町を拠点にボランティア活動をしていただける方を、下記の要領で募集いたします。

●活動内容紹介●
いくつのかの活動をご紹介しますが、すべてに参加できるとは限りません。現地のニーズや
参加者の人数によって限定される、または話合って決めていただく、など希望に添えないこ
ともありますので、あらかじめご了承ください。

・七の市商店街イベントお手伝い
昨年12月11日にオープンした七の市商店街。オープンから4ヶ月、今後、この場をどう盛り
上げて、地域のみなさんの心のより所となるような場所にしていくかが課題となっています。
これまでひと月に1回、商店街でのイベント七の市を実施してきたように今回は、4月のイベ
ントのお手伝いなどを通して、七の市商店街を一緒に応援してくださるボランティアさんを募
集します。

・足湯
昨年3月から続けてきた足湯ボランティアの活動を行います。

※七の市商店街および足湯に関しては、こちらのレポートの中からご覧ください。↓
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/03/post-334.html

・住民の方との交流会
地元の方を囲んでお話をお伺いする場を設けます。

・田んぼの清掃
津波被害のあった田んぼの細かいガレキの撤去作用です。

1.活動期間
2012年4月20日(金)〜4月23日(月)

2.申込締切(定員に達し次第、締め切らせていただく場合があります)
4月18日(水)

3.募集人員
22名程度

4.応募条件
以下の6つの条件を満たす方
(1) 心身ともに健康な方
 ※20歳未満のかたは保護者による参加承諾書の提出をお願いします。(高校生以上に限る)
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/04/-420-23.html←こちらからダウンロードしてください。
(2) お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
 ※毎日全員がシャワーなどを使えない可能性があります
(3) 事前に出発資料をすべて読んでいただける方
資料はこちらです。http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/01/rsy-5.html
※内容は随時更新しています。以前参加していただいた方もご確認ください。
(4) 出発場所(当法人事務所:名古屋市東区泉1−13−34 名古屋建設業協会2階)に当日
18:50までに来られる方
(5) 帰着後にアンケートにご協力いただける方(今後の活動に役立てます)
(6) 自らの意思で活動に参加し、仲間とともに被災された方々の立場に立って行動ができる方

5.参加費(出発日・受付時にお支払いいただきます)
 一般:15,000円
 RSY会員または学生:10,000円
※今回のバス参加を期にRSY会員に入会をご希望の方は20,000円で会員申し込み(今年度
の年会費)&ボランティアバスへご参加いただくことができます。よろしくご検討ください。
(通常:年会費10,000円・正会員・賛助会員ともに)

6.保険
 お住まいの市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」(地震や津波によるケガも補償す
る「天災プラン」BかCを推奨)の加入手続きをしてください。
掛金は自己負担(地域によって違いますが300円〜1000円ほど)。
※初めてRSYのボランティアバスに参加される方は加入証明を出発日の受付でご提示くださ
い。ご持参いただいていない方は加入の有無を問わず参加をお断り します。
※2011年度にRSYの七ヶ浜行きボランティアバスに参加されたことのある方でも、年度が変わ
りましたので改めて今年度加入した証明をお持ちください。

7.申し込み方法
 以下のメールフォームからのお申し込みに限ります。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDdBQy1Hbm53NDRmU3dJbk1qSmVrbHc6MQ

8.日程と活動内容
 1日目 18:50 当法人事務所集合、受付
     19:00 事務所内でミーティング
     20:00ごろ 事務所前をバスで出発
     8:00ごろ 七ヶ浜到着予定
     ※夜または朝の食事は道中のSAで各自でおすませください
 2日目
     地域の方との交流会、または田んぼの細かな瓦礫の除去(未定)
     ※現在地元からの要望で田んぼの清掃があるかもしれません。要請があった場合には
お手伝いをさせていただく予定です。
 3日目
      七の市商店街のお手伝いか足湯を選択(参加人数によってご希望に添えない可能性
があります。)
      19:00ごろ 七ヶ浜出発
※昼食は自炊のほか、弁当注文や24時間営業のスーパーで食糧購入となります。
※2日目昼食はお弁当の注文をさせていただきます。(お一人350円)ご了承ください。
活動内容によっては全員分一緒に注文するなどとさせていただくかもしれませんので、あらかじ
めご了承ください。※地元の経済支援にもなりますのでご理解ください。

 4日目 7:00ごろ 事務所前到着予定、解散

 ※きずな館での食事や掃除などは参加者が協力して行います。次の利用者が使いやすいよう
に工夫を反映しながら行ってください。

9.滞在場所
 〒985-0802 宮城県宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5−9、屋内ゲートボール場スパーク七ヶ
浜内「ボランティアきずな館」
・2階建てプレハブ/畳敷きの宿泊室あり(30畳2室、布団なし)/水道、電気、ガスあり(ただし
余震によって止まる可能性あり)/風呂なし/台所あり (自炊になります)/洗濯機、乾燥機あ
り(1回それぞれ100円で利用できます。洗剤あり)
 ※すぐそばに公衆トイレあり
 ※お風呂はありませんので最終日に参加者で話し合いの上、スーパー銭湯などへ立ち寄りを
するなどでご対応ください。
 ※徒歩20分ほどの範囲にヤマザキショップ(〜21時)とSEIYU(24時間)あり
・ きずな館利用の注意事項http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/5.%E3%81%8D%E3%81%9A%E3%81%AA%E9%A4%A8%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E4%BA%8B%E9%A0%85_0123.pdf
※利用者の状況により2階宿泊部屋が手狭になることがあります。

10.必須の持ち物
 寝袋/着替え/防寒具(日によってはまだ冷え込みます。防寒対策は徹底してください。)/洗
面用具/シャンプー/タオル/石鹸/食器拭き用ふきん/軍手・ゴム手袋/ボランティアセンター
での活動を希望される方で現地の要望により外での活動がある場合には長靴をご持参ください。
※支援物資や食材などを積み込むことがありますので、荷物はできるだけコンパクトにまとめてく
ださい。紛失や盗難に対して当法人は責任を負えません。すべての荷物に名前を記入するなど自
己管理を徹底してください。

★いままで七ヶ浜で活動されたことのある方、大大大歓迎です。
(初めての方でも、お申込みいただけます。)

【人】ボランティア募集情報

カテゴリ : 
人のこと
執筆 : 
info-aichi 2012-3-9 18:04
皆さま

 いつもお世話になっております。RSY事務局です。
 このたびの東日本大震災におきまして、当法人が名古屋からの支援を続けてい
る宮城県七ヶ浜町を拠点にボランティア活動をしていただける方を、下記の要領
で募集いたします。

●七の市商店街盛り上げ隊●<春休み>
昨年12月11日にオープンした七の市商店街。初日は仮設住宅入居者を含む500人
程の方が来られました。オープンから3ヶ月、今後、この場をどう盛り上げて、
地域のみなさんの心のより所となるような場所にしていくかが課題となっていま
す。店主さんのひとりの提案から、ひと月に1回、商店街でのイベントを行うと
いう話が進み、1月2月にもイベントを実施。今回は、3月のイベントのお手伝い
などを通して、七の市商店街を一緒に応援してくださるボランティアさんを募集
します。

※七の市商店街に関しては、こちらの資料をご覧ください。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/kasetsu_1228.pdf
※商店街に関する活動の他、当法人が行っている足湯などの活動など、別の取り
組みに参加していただく場合もあります。

1.活動期間
2012年3月23日(金)〜3月26日(月)

2.申込締切(定員に達し次第、締め切らせていただく場合があります)
3月21日(水)

3.募集人員
22名程度

4.応募条件
以下の6つの条件を満たす方
(1) 心身ともに健康な方
 ※20歳未満のかたは保護者による参加承諾書の提出をお願いします。(高校生
以上に限る)
(2) お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
 ※毎日全員がシャワーなどを使えない可能性があります
(3) 事前に出発資料をすべて読んでいただける方
資料はこちらです。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/01/rsy-5.html
※内容は随時更新しています。以前参加していただいた方もご確認ください。
(4) 出発場所(当法人事務所:名古屋市東区泉1−13−34 名古屋建設業協会2
階)に当日18:50までに来られる方
(5) 帰着後にアンケートにご協力いただける方(今後の活動に役立てます)
(6) 自らの意思で活動に参加し、仲間とともに被災された方々の立場に立って
行動ができる方

5.参加費(出発日・受付時にお支払いいただきます)
 一般:15,000円
 RSY会員または学生:10,000円
※今回のバス参加を期にRSY会員に入会をご希望の方は20,000円で会員申し込み
(今年度の年会費)&ボランティアバスへご参加いただくことができます。よろ
しくご検討ください。(通常:年会費10,000円・正会員・賛助会員ともに)

6.保険
 お住まいの市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」(地震や津波によ
るケガも補償する「天災プラン」BかCを推奨)の加入手続きをしてください。
掛金は自己負担(地域によって違いますが300円〜1000円ほど)。
※初めてRSYのボランティアバスに参加される方は加入証明を出発日の受付でご提
示ください。ご持参いただいていない方は加入の有無を問わず参加をお断りします。
※RSYの七ヶ浜行きボランティアバスに参加されたことのある方はご持参いただか
なくても結構です。

7.申し込み方法
 以下のメールフォームからのお申し込みに限ります。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGVnOF9iUlhMS0NuQWxuZVRBRmhjSVE6MA

8.日程と活動内容
 1日目 18:50 当法人事務所集合、受付
     19:00 事務所内でミーティング
     20:00ごろ 事務所前をバスで出発
     8:00ごろ 七ヶ浜到着予定
     ※夜または朝の食事は道中のSAで各自でおすませください
 2日目
     午前 災害ボランティアセンターでの活動か足湯を選択(参加人数に
よってご希望に添えない可能性があります。)
     午後 地元の方との交流
 3日目
      七ノ市商店街のお手伝いか足湯を選択(参加人数によってご希望に
添えない可能性があります。)
      19:00ごろ 七ヶ浜出発

※昼食は自炊のほか、弁当注文や24時間営業のスーパーで食糧購入となります。
活動内容によっては全員分一緒に注文するなどとさせていただくかもしれません
ので、あらかじめご了承ください。※地元の経済支援にもなりますのでご理解く
ださい。
 
 4日目 7:00ごろ 事務所前到着予定、解散
   
 ※きずな館での食事や掃除などは参加者が協力して行います。次の利用者が使
いやすいように工夫を反映しながら行ってください。
 
9.滞在場所
 〒985-0802 宮城県宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5−9、屋内ゲートボール場
スパーク七ヶ浜内「ボランティアきずな館」
・2階建てプレハブ/畳敷きの宿泊室あり(30畳2室、布団なし)/水道、電
気、ガスあり(ただし余震によって止まる可能性あり)/風呂なし/台所あり
(自炊になります)/洗濯機、乾燥機あり(1回それぞれ100円で利用できま
す。洗剤あり)
 ※すぐそばに公衆トイレあり
 ※お風呂はありませんので最終日に参加者で話し合いの上、スーパー銭湯など
へ立ち寄りをするなどでご対応ください。
 ※徒歩20分ほどの範囲にヤマザキショップ(〜21時)とSEIYU(24時間)あり
・きずな館利用の注意事項
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/5.%E3%81%8D%E3%81%9A%E3%81%AA%E9%A4%A8%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E4%BA%8B%E9%A0%85_1015.pdf
※利用者の状況により2階宿泊部屋が手狭になることがあります。

10.必須の持ち物
 寝袋/着替え/防寒具(日によってはまだ冷え込みます。防寒対策は徹底して
ください。)/洗面用具/シャンプー/タオル/石鹸/食器拭き用ふきん/災害
ボランティアセンターでの活動を希望される方は長靴をご持参ください。
※支援物資や食材などを積み込むことがありますので、荷物はできるだけコンパ
クトにまとめてください。紛失や盗難に対して当法人は責任を負えません。すべ
ての荷物に名前を記入するなど自己管理を徹底してください。

★いままで七ヶ浜で活動されたことのある方、大大大歓迎です。
(初めての方でも、お申込みいただけます。)

-- レスキューストックヤードを支えてください。 http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html RSY事務局 ****************************************** 特定非営利活動法人レスキューストックヤード 461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552 Mail info@rsy-nagoya.com Web http://rsy-nagoya.com/ ******************************************
第9回復興支援ITボランティア開催決定,参加ボランティア募集中!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

1月19日(深夜)から1月22日(早朝)までの4日間,大船渡市にて,

復興支援ITボランティアを開催致します.それに当たり,復興支援

ITボランティアでは,被災地で活動して頂けるボランティアを募集

しています.詳細な内容を知りたい方,参加を希望される方はこち

らを御覧ください.

 

 <日時>

2011年1月19日(深夜)〜1月22日(早朝)
※基本19日夜に出発し、22日都内着のバスを用意します
(現地集合、途中早退をご希望の方は、別途ご相談ください。

 (但しこの場合、交通費は各自のご負担となります))

 

活動場所:仮設住宅の集会場、公民館等(岩手県大船渡市)

 

<活動内容>
 チーム毎に分かれて避難所・仮設住宅を訪問し、住民の方々

と交流を深めつつ信頼関係を構築します。具体的な活動内容

としては、PCを用いた情報検索、住民の方々とのコミュニケー

ション等です。

 

 <集合場所>

芝公園駅周辺(予定)

 

集合時間1月19日 21時30分

 

費用5,000円(大学生)、7,000円(社会人)プログラム維持費

 

として集合時に徴収させていただきます。

 

<持ち物>

動きやすい服装、寝袋、着替え、保険証、洗面道具、シャンプー等

 

入浴セット、タオル、簡易スリッパ、常備薬、筆記用具
※食事は弁当等をご用意します。
※寝袋は、こちらでもご用意していますが、ご自分のものがあればお持ちください。

 

<募集人数>

大学生(院生)・社会人あわせて30名 

参加資格大学生(院生)、社会人

 

スケジュール詳細1月19日(木)夜 都内集合
1月20日(金)朝 宿泊場所到着後、朝食、研修、ミーティング
1月20日(金)〜1月21日(土) 仮設住宅集会所等にて、ボランティア活動
1月21日(土)夜 夕食、ミーティング後、出発
1月22日(日)朝 都内到着
 

<応募締切>
2012年1月16日24:00

 

先着順(定員になり次第締め切らせていただきます。)
 

 

■事前オリエンテーション■

 

※ボランティアに参加される方は、できる限りご出席ください。
日程:1月17日(火)18:30〜21:00
場所:霞ヶ関ナレッジスクエア(虎ノ門駅11番出口徒歩3分)
※地図はこちら

 

<主催>
特定非営利活動法人NPO事業サポートセンター

<問合せ先>
〒105-0014 東京都港区芝2-8-18 HSビル2階
Tel:03-3456-1611
担当:古賀、吉澤、池本
 

 

 

 

 

 


 
皆さま

 いつもお世話になっております。RSY事務局です。
 このたびの東日本大震災におきまして、当法人が名古屋からの支援を続けてい
る宮城県七ヶ浜町を拠点にボランティア活動をしていただける方を、下記の要領
で募集いたします。

●七の市商店街盛り上げ隊●
12月11日にオープンした七の市商店街。初日は仮設住宅入居者を含む500人程の
方が来られましたが、今後はこの場をどう盛り上げて、地域のみなさんの心のよ
り所となるような場所にしていくかが課題となってくるようです。店主さんのひ
とりの提案から、ひと月に1回、商店街でのイベントを行うという話が進んでい
ます。詳細はまだ決まっていませんが、今回は、そのイベントのお手伝いなどを
通して、七の市商店街を一緒に応援してくださるボランティアさんを募集します。

※七の市商店街に関しては、こちらの資料をご覧ください。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/kasetsu_1228.pdf
※商店街に関する活動の他、当法人が行っている足湯などの活動など、別の取り
組みに参加していただく場合もあります。

1.活動期間
2012年1月27日(金)〜1月30日(月)

2.申込締切(定員に達し次第、締め切らせていただく場合があります)
1月25日(水)

3.募集人員
22名程度

4.応募条件
以下の6つの条件を満たす方
(1) 心身ともに健康な方
 ※20歳未満のかたは保護者による参加承諾書の提出をお願いします。
(高校生以上に限る)

(2) お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
 ※毎日全員がシャワーなどを使えない可能性があります
(3) 事前に出発資料をすべて読んでいただける方(出発当日、印刷したものを
持参してください。)
資料はこちらです。http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/10/rsy-5.html
※内容は随時更新しています。以前参加していただいた方もご確認ください。
(4) 出発場所(当法人事務所:名古屋市東区泉1−13−34 名古屋建設業協会2
階)に当日18:50までに来られる方
(5) 帰着後にアンケートにご協力いただける方(今後の活動に役立てます)
(6) 自らの意思で活動に参加し、仲間とともに被災された方々の立場に立って
行動ができる方

5.参加費(出発日・受付時にお支払いいただきます)
 一般:15,000円
 RSY会員または学生:10,000円
※今回のバス参加を期にRSY会員に入会をご希望の方は20,000円で会員申し込み
(今年度の年会費)&ボランティアバスへご参加いただくことができます。
よろしくご検討ください。(通常:年会費10,000円・正会員・賛助会員ともに)
※次回以降の参加は会員料金でご参加いただけます。(今年度)
※夜行となるため、大型バスを利用します。これまでのボランティアバスよりも
参加費が高くなりますが、七ヶ浜への週末直行バスとなりますので、ご理解くだ
さい。

6.保険
 お住まいの市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」(地震や津波によ
るケガも補償する「天災プラン」BかCを推奨)の加入手続きをしてください。
掛金は自己負担(地域によって違いますが300円〜1000円ほど)。
※初めてRSYのボランティアバスに参加される方は加入証明を出発日の受付でご提
示ください。ご持参いただいていない方は加入の有無を問わず参加をお断り し
ます。
※RSYの七ヶ浜行きボランティアバスに参加されたことのある方はご持参いただか
なくても結構です。

7.申し込み方法
 以下のメールフォームからのお申し込みに限ります。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDdBQy1Hbm53NDRmU3dJbk1qSmVrbHc6MQ
    ** 上のURLが閲覧制限されている方は、事務局まで、お問い合わせください。

8.日程と活動内容
 1日目 18:50 当法人事務所集合、受付
     19:00 事務所内でミーティング
     20:00ごろ 事務所前をバスで出発
     8:00ごろ 七ヶ浜到着予定
     ※夜または朝の食事は道中のSAで各自でおすませください
 2日目〜3日目
      終日、ボランティア活動
※昼食は自炊のほか、弁当注文や24時間営業のスーパーで食糧購入となります。
活動内容によっては全員分一緒に注文するなどとさせていただくかもしれません
ので、あらかじめご了承ください。※地元の経済支援にもなりますのでご理解く
ださい。
 3日目 19:00ごろ 七ヶ浜出発
 4日目 7:00ごろ 事務所前到着予定、解散
   
 ※きずな館での食事や掃除などは参加者が協力して行います。次の利用者が使
いやすいように工夫を反映しながら行ってください
 
9.滞在場所
 〒985-0802 宮城県宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5−9、屋内ゲートボール場
スパーク七ヶ浜内「ボランティアきずな館」
・2階建てプレハブ/畳敷きの宿泊室あり(30畳2室、布団なし)/水道、電
気、ガスあり(ただし余震によって止まる可能性あり)/風呂なし/台所あり
(自炊になります)/洗濯機、乾燥機あり(1回それぞれ100円で利用できま
す。洗剤あり)
 ※すぐそばに公衆トイレあり
 ※近隣の施設でシャワーが使用可能(ただし、時間が限られているため、参加
人数や活動内容によって全員が毎日使えるとは限りません。またイベントなどで
施設を利用できない場合があります。最終日に参加者で話し合いの上、スーパー
銭湯などへ立ち寄りをするなどでご対応ください。)
 ※徒歩20分ほどの範囲にヤマザキショップ(〜21時)とSEIYU(24時間)あり
・きずな館利用の注意事項
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/5.%E3%81%8D%E3%81%9A%E3%81%AA%E9%A4%A8%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E4%BA%8B%E9%A0%85_1015.pdf
※利用者の状況により2階宿泊部屋が手狭になることがあります。

10.必須の持ち物
 寝袋/着替え/防寒具(ずいぶんと冷え込みます。お届けするために外で過ご
す時間が長いことも予想されます。防寒対策は徹底してください。)/洗面用具
/シャンプー/タオル/石鹸/食器拭き用ふきん
※支援物資や食材などを積み込むことがありますので、荷物はできるだけコンパ
クトにまとめてください。紛失や盗難に対して当法人は責任を負えません。すべ
ての荷物に名前を記入するなど自己管理を徹底してください。

★いままで七ヶ浜で活動されたことのある方、大大大歓迎です。
(初めての方でも、お申込みいただけます。)

-- レスキューストックヤードを支えてください。
 
RSY事務局 ******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
*****************************************************

 皆さま

 

 お世話になっております。レスキューストックヤードの関口です。
 「うるうるお歳暮プロジェクト」は先日、17日(土)のパック化作業ボランティアを募集

しましたが、引き続き第5弾として、19日(月)、20日(火)、21日(水)の3日間も作業

をします。平日の昼間となりますが、ご都合のよろしいかたはぜひご参加ください。

 

    *          *           *
 
 「うるうるお歳暮プロジェクト」パック化作業第5弾


 ■日時:12月19日(月)、20日(火)、21日(水) 各日10:00-17:00(最終日
は作業がなくなり次第終了します)
  ※途中から来られるかたはまとめて説明しますので、できるだけ13:00にお越
しください


 ■場所:東海建設(名古屋市港区新船町1-1)倉庫(本社正門西の黄色のゲート
をくぐった奥)
  ※マイカー歓迎。車のないかたは9:00にRSY事務所に集合してもらうか、9:50
までに最寄り駅の地下鉄名港線東海通駅4番出口を出た ファミリーマート前に
お越しください


 ■持参するもの:汚れてもよい格好、マスク、軍手、できればカッター、マ
ジック、弁当(コンビニはやや遠いです)


 参加可能なかたは、info@rsy-nagoya.com あてにお名前、ご連絡先、集合場
所、参加日時をお知らせください。


 ※ 「うるうるパック」はRSYが一員となっている「災害ボランティア活動支援
プロジェクト会議(通称・支援P)」の活動で、企業から無償で提供された支援
物資を被災者のニーズに合わせ、被災地外で「パック化」して送り届けます。
 5月に名古屋大学をお借りして行った文房具などのパック化に続き、今回は生
活用品を中心に「ファミリー」「ガールズ」「キッズ」「レディース」 「シニア」の

5種類のパックから被災者の方に必要なものを選んでもらう「カタログ」
をつくりました。
 われわれが継続的に支援している宮城・七ヶ浜や台風災害のあった三重・紀宝
町、東北から愛知・名古屋に避難していらっしゃる被災者の方々約 1500世帯を
対象にカタログを渡し、必要なパックと靴などを選んでもらっていました。
 11月末の締め切りまでに約800件のご注文をいただきました。「仮設には入っ
ていないので震災後モノをもらえるのは初めて」「子どもたちが喜ぶと思います」

などと多数のコメントも寄せられています。
 県外避難者の皆さんにはコープあいちさんが宅配で、宮城・七ヶ浜の皆さんに
は名古屋からボランティアが訪れて直接手渡ししています。
 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
 では、なにとぞよろしくお願いいたします。


******************************************
 特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 〒461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
 Mail info [at] rsy-nagoya.com
 Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************
 

 皆さま
 お世話になっております。レスキューストックヤードの関口です。


 「うるうるお歳暮プロジェクト
<http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/12/post-318.html>」は8日、9日の2
日間をかけて、名古屋市港区の東海建設さんの倉庫をお借りしてパック化 作業
の第3弾を行い、愛知・名古屋の県外避難者の方々の分と、宮城・七ヶ浜の方々
の分、それぞれ約70箱分を完成させました。県外避難の方々には コープあいち
さんの宅配ルートを通じて、七ヶ浜の方々には11〜14日の日程で名古屋から現地
入りするボランティアさんと地元ボランティアさんた ちの手でお届けする予定
です。今朝の朝日新聞社会面に写真付きで記事掲載していただきました。


 まだ一部モノが足りなかったり、流れ作業の態勢が整わなかったりして、全部
で800件の注文を終わらせるにはまだまだです。とりあえず第4弾の 作業として
以下の要領でボランティアさんを募集いたします。5弾、6弾(今のところ
19〜21日を予定)も随時募集していきますので、ぜひご協力 よろしくお願いい
たします。


 「うるうるお歳暮プロジェクト」パック化作業第4弾


 ■日時:12月17日(土) 10:00-17:00
  ※途中から来られるかたはまとめて説明しますのでできるだけ13:00にお越し
ください


 ■場所:東海建設(名古屋市港区新船町1-1)倉庫(本社正門西の黄色のゲート
をくぐった奥)
  ※マイカー歓迎。車のないかたは9:00にRSY事務所に集合してもらうか、9:50
までに最寄り駅の地下鉄名港線東海通駅4番出口を出た ファミリーマート前に
お越しください


 ■持参するもの:汚れてもよい格好、マスク、軍手、できればカッター、マ
ジック、弁当(コンビニはやや遠いです)


 参加可能なかたは、info [at] rsy-nagoya.com あてにお名前、ご連絡先、集合場
所、参加時間をお知らせください。


 ※ 「うるうるパック」はRSYが一員となっている「災害ボランティア活動支援
プロジェクト会議(通称・支援P)」の活動で、企業から無償で提供された支援
物 資を被災者のニーズに合わせ、被災地外で「パック化」して送り届けます。
 5月に名古屋大学をお借りして行った文房具などのパック化に続き、今回は

生活用品を中心に「ファミリー」「ガールズ」「キッズ」「レディース」 「シニア」の

5種類のパックから被災者の方に必要なものを選んでもらう「カタログ」
をつくりました。
 われわれが継続的に支援している宮城・七ヶ浜や台風災害のあった三重・紀宝
町、東北から愛知・名古屋に避難していらっしゃる被災者の方々約 1500世帯を
対象にカタログを渡し、必要なパックと靴などを選んでもらっていました。
 11月末の締め切りまでに約800件のご注文をいただきました。「仮設には入っ
ていないので震災後モノをもらえるのは初めて」「子どもたちが喜ぶと思いま
す」などと多数のコメントも寄せられています。
 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
 では、なにとぞよろしくお願いいたします。


******************************************
 特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 〒461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
 Mail info [at] rsy-nagoya.com
 Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************
 

みなさま


お世話になります。RSY事務局です。
“福島の子どもたちに放射能を心配せず自由に遊んでもらいたい。”という願いか
ら、福島県二本松市で幼稚園を運営する真宗大谷派真行寺の佐々木道徳さんが
「TEAM二本松」を立ち上げました。その呼びかけに応じて、名古屋教区のお寺さ
んが中心となって「福島と名古屋をむすぶ子ども会in東別院」という企画をたち
あげ、RSYも協力団体として参加しています。


この企画では、福島県二本松市に住む親子(60名程度)に冬休み中
(12/23〜29)、名古屋別院に宿泊して、ゆっくり過ごしていただこうというも
のです。12月に入り、歓迎会や遠足(水族館)、交流会などの企画が徐々に決
まってきました。そのうちのひとつとして、小さなお子様をお持ちの親御さん
に、ゆっくりしていただけるような場をつくりたいという想いから、お茶飲みス
ペースなどの準備が進んでいます。
そんなお茶飲みスペースの中で、お子様といっしょに工作をしたり、おかあさん
たちと一緒におしゃべりをしながら手芸をしたり、「ほっと」一息ついていただ
けるような「足湯」ができないかと考えています。


以下の日時でボランティアを募集します。
クリスマス当日、二本松市のみなさんと一緒に過ごしたいなあ、という方はぜひ
ご参加ください。
初めての方も大歓迎。「何かしたいけど、東北までは遠いなあ…」と、なかなか
これまで参加できなかった方や、小さなお子様をお持ちのお母さん世代も“子ど
もを持つ親の目線”から気持ちを共有したりできるかもしれません。
ぜひ色々な方にご参加いただければと思います。
(足湯ボランティア経験者もぜひ!)


■日時:12月25日(日)13:00〜17:00
■場所:名古屋別院(最寄:地下鉄名城線・東別院)
http://www.ohigashi.net/syoukai_access.html
■内容:
・おしゃべり隊…お子さんと遊ぶ、おかあさんたちとお話する、お茶出しする
・足湯隊…RSYが支援活動を続ける七ヶ浜町でも行っている足湯ボランティアで子
どもも大人も「ホッ」と一息ついてリラックスしていただきましょう!


※集合場所などの詳細は参加者の方に追ってご連絡させていただきます。
※喫茶スペースの中での運営となり、外出される方が多数の場合は参加者が少数
となることも考えられます。あらかじめご了承ください。
※足湯は14:00〜を予定しています。13時頃からお湯炊きなどの準備を会場で行
う予定です。また片づけの時間も含めると17時を過ぎるかもしれません。片づけ
までご協力いただける方、大歓迎です。
※ボランティア保険は各自でご加入ください。(お近くの社会福祉協議会でお手
続きください。)


★お申込みはRSYまで★
メール:info [at] rsy-nagoya.com
お名前、ご連絡先(携帯電話)、メールアドレスをお知らせください。
担当:RSY事務局・加藤


※不明点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。


--
レスキューストックヤードを支えてください。
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html


RSY事務局
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
 TEL:052-253-7550 FAX:052-253-7552
 Mail info [at] rsy-nagoya.com
 Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************
 

アーカイブ