ブログ - 【人】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア( 8/24-27 )

【人】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア( 8/24-27 )

カテゴリ : 
人のこと
執筆 : 
info-aichi 2012-8-4 21:32

皆さま

いつもお世話になっております。RSY事務局です。

このたびの東日本大震災におきまして、当法人が名古屋からの支援を続けている宮城県七ヶ浜町を拠点にボランティア活動をしていただける方を、下記の要領で募集いたします。



●活動内容紹介●

・8月25日(土)

・地域の方々と交流会

地元の方々をお招きして、七ヶ浜がどんな町なのかお話ししながら交流する場を設けます。

・ボランティアセンターでの活動

津波被害のあった田んぼなどで細かいガレキの撤去作業を行い

ます。

※地元の方々の要望に合わせて、ボランティアセンターで瓦礫撤去作業がある場合が
あります。

・足湯(希望者のみ)

仮設住宅集会所などに赴き、お湯に足を付けてもらいながら、地域の方のお話を聞く
ボランティア活動です。

足湯は被災された方の「生の声」を聴くことができます。この中で拾い上げられる声
をもとに支援の枠組みが形成されます。



・8月26日(日)七の市商店街イベントお手伝い

昨年12月11日にオープンした七の市商店街。オープンから9ヶ月、今後、この場をどう盛り上げて、地域のみなさんの心のより所となるような場所にしていくかが課題とな
っています。これまでひと月に1回、商店街でのイベント七の市を実施してきたように今回は、8月のイベントのお手伝いなどを通して、七の市商店街を一緒に応援してくださるボランティアさんを募集します。



1.活動期間

2012年8月24日(金)〜8月27日(月)

2.申込締切(定員に達し次第、締め切らせていただく場合があります)

8月22日(水)

3.募集人員

30名程度

※いつもより多くのボランティアさんを募集しています!

4.応募条件

以下の6つの条件を満たす方

(1) 心身ともに健康な方

※20歳未満のかたは「保護者による参加承諾書」提出のご予定をお願いします。
(高校生以上)承諾書はこちらからダウンロードしてください。

http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/07/volbusshiryou.html

(2) お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方

※シャワーは使えません。活動2日目に当たる8月26日(日)、活動の帰りに銭湯
に寄る予定です。

(3) 事前に出発資料をすべて読んでいただける方

http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/07/volbusshiryou.html

(4) 出発場所(当法人事務所:名古屋市東区泉1−13−34 名古屋建設業協会2階)
に当日18:50までに来られる方

(5) 帰着後にアンケートにご協力いただける方(今後の活動に役立てます)

(6) 自らの意思で活動に参加し、仲間とともに被災された方々の立場に立って行動ができる方



5.参加費(出発日・受付時にお支払いいただきます)

一般:15,000円

RSY会員または学生:10,000円

※今回のバス参加を期にRSY会員に入会をご希望の方は20,000円で会員申し込み(今年度の年会費)&ご参加いただくことができます。よろしくご検討ください。(通常:年会費10,000円・正会員・賛助会員ともに)



6.保険

お住まいの市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」(地震や津波によるケガも補償する「天災プラン」BかCを推奨)の加入手続きをしてください。

掛金は自己負担(地域によって違いますが300円〜1000円ほど)。

※初めてRSYのボランティアバスに参加される方は加入証明を出発日の受付でご提示
ください。ご持参いただいていない方は加入の有無を問わず参加をお断りします。

※2011年度にRSYの七ヶ浜行きボランティアバスに参加されたことのある方でも、年
度が変わりましたので改めて今年度加入した証明をお持ちください。

7.申し込み方法

以下のメールフォームからのお申し込みに限ります。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGVnOF9iUlhMS0NuQWxuZVR
BRmhjSVE6MA



8.日程と活動内容

1日目 18:50 当法人事務所集合、受付

19:00 事務所内でミーティング

20:00ごろ 事務所前をバスで出発

8:00ごろ 七ヶ浜到着予定

※夜または朝の食事は道中のSAで各自でおすませください

2日目

ボランティアセンターでの田んぼなどの瓦礫の除去作業(行わない可能性もありま
す)

地域の方々と交流会

※土曜日の夕食は、仮設住宅にお住まいで震災前はラーメン屋さんを営んでいた方が
作ってふるまってくれます。1品500円以上の寄付をお願いします。     



3日目

七の市商店街イベントのお手伝い

※朝早くからの作業となります。

19:00ごろ 七ヶ浜出発

※昼食は自炊のほか、弁当注文や24時間営業のスーパーで食糧購入となります。

※昼食はお弁当の注文をさせていただく場合があります。(お一人1食350円程度)ご
了承ください。活動内容によっては全員分一緒に注文するなどとさせていただくかも
しれませんので、あらかじめご了承ください。

※地元の経済支援にもなりますのでご理解ください。

4日目 7:00ごろ 事務所前到着予定、解散

※きずな館での食事や掃除などは参加者が協力して行います。次の利用者が使いやす
いように工夫を反映しながら行ってください。



9.滞在場所

〒985-0802 宮城県宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5−9、屋内ゲートボール場スパー
ク七ヶ浜内「ボランティアきずな館」

※きずな館利用の注意はこちらからご覧ください。

http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2012/07/volbusshiryou.html

・2階建てプレハブ/畳敷きの宿泊室あり(30畳2室、布団なし)/水道、電気、ガ
スあり(ただし余震によって止まる可能性あり)/風呂なし/台所あり

(自炊になります)

※すぐそばに公衆トイレあり

※お風呂には入れません。最終日にスーパー銭湯へ立ち寄ることで対応してくださ
い。また各自で作業後にボディシートで汗をふきとるなどの対策をしてください。

※どうしても洗濯の必要がある方は、目の前にコインランドリーがありますので、そ
ちらをご利用ください。

※徒歩20分ほどの範囲にヤマザキショップ(〜21時)とSEIYU(24時間)あり

※きずな館の宿泊利用者数が多くなる可能性があります、窮屈になることが予想され
ますので譲り合ってご利用いただきますようお願いします。



10.必須の持ち物

寝袋/着替え/タオル/石鹸/※支援物資や食材などを積み込むことがありますの
で、荷物はできるだけコンパクトにまとめてください

※以下ボランティアセンターで活動する場合の持ち物

【軍手・ゴム手袋(台所用ではなく、作業用のものをお持ちください)/長靴(鉄板の中敷きを入れることをおすすめします)または安全靴/ゴーグル/マスク】



紛失や盗難に対して当法人は責任を負えません。すべての荷物に名前を記入するなど自己管理を徹底してください。

★いままで七ヶ浜で活動されたことのある方、大大大歓迎です。

(もちろん初めての方でも、お申込みいただけます。)

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://allaichi.jp/modules/d3blog/tb.php/190
参照元
カシオ 時計2013-6-7 2:32
finished, even though it wasn’t just what I had been searching for, was still a nice read though. I will instantly get your blog feed to stay in touch of any updat......more
カシオ 時計

アーカイブ